【CRI時評】悪あがきするリトアニアの政治家は目を覚ませ

2022-01-25 09:18  CRI

【CRI時評】悪あがきするリトアニアの政治家は目を覚ませ

 ロイター通信など複数のメディアが最近報じたところによると、リトアニアの政治家が「一つの中国」原則に挑戦して中国との関係に緊張を引き起こしたことにより、リトアニア国内の企業および欧州連合(EU)諸国の在リトアニア投資企業は莫大な損失を被っており、業界全体の損失額は数億ユーロに上るとの試算もある。多くの企業が、悪あがきするリトアニアの政治家によって、あまりのつらさにしきりに悲鳴をあげるほどの苦しい立場に追いやられ、リトアニア政府の誤った政策の「犠牲となった」と不平をこぼし、リトアニア政府に対し、速やかに中国との関係を改善するよう次々に促している。

 こうした状況は、リトアニア政府による台湾を巡る誤ったやり方によってもたらされた苦い結果であり、その責任は完全にリトアニア政府自身にある。リトアニア政府は昨年11月、信義に背いて、台湾当局がいわゆる「駐リトアニア台湾代表処」を設置するのを許可し、「一つの中国」原則に公然と背き、中国の内政に粗暴に干渉し、国交樹立時の両国のコミュニケに盛り込まれた政府としての約束を破った。

 ロイター通信などによると、リトアニア国内外の多くの大企業は、損失を減らすために、リトアニアでの事業を放棄して生産を他の国に移転することを計画している。ドイツの一部の企業は、リトアニア政府に対し、中国との関係を回復するよう求め、求めに応じなければ撤退すると表明している。

 昨年末の世論調査によると、リトアニア国民の政府支持率は17.3%にまで低下した。調査を行った団体の担当者によると、この割合は建国以来最低の水準で、中国との関係が冷え込んだことと密接に関係している。

 悪あがきするリトアニアの政治家は、中国が統一を実現する大勢を阻止することは不可能であること、中国人民の国家の主権と領土の完全性を守る頑強な決意と断固たる意志、強大な能力を低く見積もってはならないことをはっきりと認識して、速やかに正しい道に立ち返り、実際の行動で中国との関係を改善し、損失を受けた企業と自国民に対し、責任ある説明をしなければならない。(CRI論説員)
 

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥