<北京冬季五輪>国家体育館 製氷作業順調に進む

2022-01-15 13:41  CRI

 北京冬季オリンピックとパラリンピックのアイスホッケー競技の会場である国家体育館では、オリンピックに向けた製氷作業が順調に進んでおり、18日頃に完了する見込みです。

 製氷作業は9日に正式に始まり、競技場内のコンクリート層の冷却、ベースとなる氷の流し込み、塗装によるライン引きなどのプロセスを経て、14日からオリンピックロゴの設置を始めました。今後はロゴの設置が終わり次第、厚さを増やすために氷を流し込む作業が続けられます。 

<北京冬季五輪>国家体育館 製氷作業順調に進む_fororder_a8bb53678dc94028b726ed79269ffc0a
CMG記者の質問に答えるモファット氏

 チーフ製氷技師のニールセン・ドーン・モファット氏によりますと、冬季オリンピック期間中はアイスホッケーの試合が1日3回開催されることを受け、氷の厚さを4センチほどと厚めにしているということです。

 なお、冬季オリンピック大会が終わった後、国家体育館では冬季パラリンピックに向けて改造が始まり、スケートリンクの厚さは5センチへと増やされます。

 モファット氏によりますと、パラリンピックのアイスホッケーは車いすで対決し、選手たちの目線が低くなるため、リンク内の様子がよりはっきりと見えるように、一般選手用シートの仕切り板を撤去して、パラリンピック専用の仕切り板とアクリル板を据え付けることになっています。

 スタッフの話では、現在の進み具合から、製氷作業は1月18日頃にすべて完了する予定で、完了後のリンクはアイスホッケー競技の開始に備えて、メンテナンス段階に入るということです。(Yan、CK)

コメント()

ラジオ番組
1月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕