紫禁城から「新年快楽!」

2021-12-31 10:35  CRI

紫禁城から「新年快楽!」

 明けましておめでとうございます!!

 Aちゃんの2021年はあっという間に過ぎてしまいました。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 往来ができるようになれば、年末年始にも故宮=紫禁城を楽しんでみませんか?

 昨年は紫禁城の氷窖レストランをご紹介しました。

 今回は「萬春金福」というカフェを訪ねました。この店の名前は中国語で「貴重で幸福、生気に満ち溢れる」という意味があります。新年に、この縁起のいいカフェで過ごすのもぴったりですね。

紫禁城から「新年快楽!」

 冬の紫禁城は観光のオフシーズンに入っています。チケットは観光シーズンの60元(約1000円)から40元(約750円)に値下げされています。

 ※要予約。予約なしでは当日入園できません。

 コロナの原因で、紫禁城は現在、正門からしか入場できません。体温検査と安全検査を受け、予約コードと身分証明書を提示してから入場できます。

紫禁城から「新年快楽!」

 紫禁城の中をぶらぶら歩いて、20分くらいでカフェに着きました。

紫禁城から「新年快楽!」

紫禁城から「新年快楽!」

 店内はこじんまりとしていますが、縁起のいい模様がいっぱい。

 ネットのおすすめを参考に、今回は金福ラテ(コーヒー)、桂花紅豆沙(金木犀と小豆あんのお粥)とお菓子を注文しました。

紫禁城から「新年快楽!」

 金福ラテは萬春金福カフェでナンバー1の人気商品です。ラテは中国の伝統的な茶碗に入っていて、「福が来る」という意味も含められています。飲んでみると、コーヒーの芳醇な香りとほのかな苦みがあって、とても飲みやすい味でした。

紫禁城から「新年快楽!」

 桂花紅豆沙(金木犀と小豆あんのお粥)は、小豆あん愛好者には絶対に見逃せない1品です。上に金木犀の花がかかっていて、濃厚で甘いあんこと金木犀の香りがほどよくマッチしていて、ちょうどいい甘さ~

紫禁城から「新年快楽!」

 お菓子は4つの味があって、今回は御筆(バラ味)、祥獣(レモン味)、御福(五仁味)、大吉ひょうたん(黒ごま味)を1つずつ選びました。太平有象(クランベリー)味もありますが、当日は売り切れてしまっていたので、次回に回しましょう。

 2021年も皆さまにたくさんお世話になり、大変ありがとうございました。2022年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ハッピーニューイヤー!

 店:萬春金福

 場所:故宮博物院坤寧宮東院

 消費:1人当たり50元(約800円)

 営業時間: 9:00-16:00

 交通:地下鉄1号線 天安門東駅出口B 歩いて800メートル

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍