200万世帯の年間電力使用量を提供 中国初の100万キロワット級洋上風力発電所が発電開始

2021-12-27 13:18  CRI

200万世帯の年間電力使用量を提供  中国初の100万キロワット級洋上風力発電所が発電開始

中国初の100万キロワット級洋上風力発電所である三峡陽江沙バ洋上風力発電所

 中国初の100万キロワット級洋上風力発電所である三峡陽江沙バ(バは手偏に八)洋上風力発電所は25日、発電設備全体で電力系統への接続を完了し、発電を始めました。

 同発電所は中国南部の広東省陽江市陽西県沙バ鎮の南の海域に位置し、総設備容量は170万キロワット、投資総額は約350億元(約6289億円)です。2018年11月に建設が始まり、洋上風力発電機269基が設置されました。

 同プロジェクトが完成すれば広東・香港・マカオグレーターベイエリアに年間約47億キロワット時の電力供給が可能で、約200万世帯の年間電力使用量を満たすことが可能になります。また、年間約150万トンの石炭(標準炭換算)、約400万トンの二酸化炭素の削減が可能となります。

 現在、中国の主流の洋上風力発電機は近海に設置されており、水深が60メートル未満の近海プロジェクトがメインとなっています。近海の海底に固定される従来の風力発電システムに比べ、同発電所は世界初の台風防止浮体式洋上風力発電機を有しています。浮体式発電機は深海や遠海で良質で安定した風力発電資源を獲得すると同時に、近海漁業およびその他の関連産業の活動に影響を与えない特徴を持っています。

 国家エネルギー局の最新データによりますと、現在、中国の洋上風力発電システムの規模は世界トップとなっています。中国が大容量洋上風力発電システムの研究開発、浮体式風力発電機、長距離送電工事など一連の洋上風力発電分野で取得したコア技術は、今後の洋上風力発電システムの大規模な発展の基礎を築きました。(閣、浅野)

 

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁