『ちびまる子ちゃん』が中国で3D 映画化、この春節初日に公開へ

2021-11-22 18:58  CRI

 中国でも大人気の『ちびまる子ちゃん』、その3D アニメ映画が中国で制作されています。監督は『吹哨人(The Whistleblower)』(2019)や『愛しの母国(原題:我和我的祖国)』(2019)などの女性監督・薛暁路(シュエ・シャオルー)で、原作の作画を手掛ける日本の「株式会社さくらプロダクション」が監修を担当しています。

 本作のタイトルは「桜桃小丸子:奇幻筆記」。直訳すると、「ちびまる子ちゃん 幻のノート」、日常を描くことでおなじみの「ちびまる子ちゃん」がファンタジーの世界へ飛び込み、まったく新しい冒険に触れる内容となっています。公開は2022年の春節(旧正月)当日にあたる2月1日を予定しています。

 中国での映画化に合わせてこのほど、先行ポスターと、手書きによる監督とさくらプロダクションからのメッセージが公開されました。​(ミン・イヒョウ、謙)

『ちびまる子ちゃん』が中国で3D 映画化、この春節初日に公開へ_fororder_夜勤3
『桜桃小丸子:奇幻筆記』の先行ポスター

『ちびまる子ちゃん』が中国で3D 映画化、この春節初日に公開へ_fororder_夜勤32
さくらプロダクションからのメッセージ

『ちびまる子ちゃん』が中国で3D 映画化、この春節初日に公開へ_fororder_夜勤33
薛暁路(シュエ・シャオルー)監督のメッセージ

訳: 『ちびまる子ちゃん』ファンの皆さんへ
 中国には、テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』のことを「子ども時代の思い出」として大切に思っている人が大勢います。私自身もこの、愛らしく、素直で、心優しい、そして夢に満ちた女の子に心を奪われました。楽しさと愛にあふれるこのシリーズを描いてくれたさくらももこさんに心から感謝し、さくらプロダクションの皆さんと一緒に仕事できることを嬉しく思っています。
 このたび、アニメ映画『桜桃小丸子:奇幻筆記』を監督できることを、たいへん光栄に思っています。ファンタジーとアドベンチャーの要素を含む作品なので、懐かしさと共に新たな感動を届けられればと思います。
 この作品を気に入っていただけると幸いです。
 薛暁路(シュエ・シャオルー)より。

 

コメント()

ラジオ番組
12月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰