中国の「米国人権侵害報告」、人権問題での偽善と虚偽を暴露

2021-03-25 16:20  CRI

 中国国務院新聞弁公室は24日、「2020年米国人権侵害報告」を発表しました。同報告は大量の事実とデータにもとづき、米国の人権状況が日増しに悪化している事実を明らかにしました。専門家は「これらの事実は米国の人権問題におけるダブルスタンダードと虚偽をはっきりと暴露した」と指摘しました。

 同報告書は、世界総人口の5%に満たない米国で、新型コロナウイルスの感染者数が2021年2月末までに全世界の25%を超え、50万人以上が亡くなったと指摘。これについて、中国国際問題研究院国際戦略研究所の蘇暁暉副所長は「その根本的な原因は生存権を尊重しないことだ。新型コロナウイルス感染症を抑え込む過程で、感染防止対策と経済発展の関係のバランスを取れなかった。第2波のピークは、経済の再起動と生産再開に性急に踏み切ったことによる」との見方を示しました。

 報告書はまた、「米国のエスニックマイノリティーは体系的な人種差別を受けている。18歳以下の未成年者のうち、有色人種が占める割合は約3分の1しかないが、監禁されている未成年者のうち3分の2を占めている。アフリカ系住民の場合は、新型コロナの感染率が白人の3倍で、死亡率は白人の2倍であり、警察に殺される人の割合は白人の3倍だ。アジア系の若者の4分の1が人種いじめの標的になった」と指摘しました。蘇副所長はこれについて、「米国政府は新型コロナウイルス感染症とその対策を絶えず政治化し、責任を中国に転嫁しようとした。同時に、アジア諸国を非難し続けてきた。政治家に導かれて、人々はアジア系やアジアの国に注目して自分の怒りを集中してぶつけた。このことも、米国内での人種差別の激化につながった」との考えを示しました。(朱、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
4月14日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
朱丹阳