【観察眼】米国の制裁外交はこの世で通らず、結局逆襲されることに

2021-01-09 11:03  CRI

 米国のトランプ大統領は5日、国家安全保障の理由で中国の電子決済アプリ「アリペイ」をはじめ、8つの中国アプリとの取引を禁止する大統領令を発した。トランプ大統領の退任まであと2週間弱、まさか「最後の狂気」が始まったのか。同様の理由で、昨年8月、トランプはすでに中国のTikTokやWeChatとの取引廃止を要求した。

 このような理屈の通らない要求の中に、どんな陰謀を企んでいるか分からないが、一つ言えるのは、近年米国は”国家の安全保障“を口実にして、多くの中国企業をブラックアウトしている。ファーウェイ、DJI、アイフライテックなど有名なテクノロジー企業は次々とブラックリストへ載せていく。中国の科学技術に対して敵視し続けていることは間違いない。これは国家権力を乱用し、外国企業をむやみに抑圧するという覇権主義的行為であり、自他ともに不利益を被ると外交部の華春瑩報道官が批判した。アメリカ政治屋らによる自分の気に入らない外国企業へのむやみな抑圧は、決して米国を偉大にすることはできない。そればかりか、米国のダブルスタンダードと覇権主義が世界中に露呈されるだけだ。

 一方、過ぎたばかりの2020年12月31日にNY証券取引所が発表した中国の通信大手3社を上場廃止する決定はわずか5日で撤回され、その2日後、再決定した。ほんの一週間の間に3社の株価は一度平均4%前後に急落し、そして上場廃止撤回の発表により、香港市場の取引でまた急激に上昇した。これはむしろ政治を利用した金銭の取引だと言っても過言ではない。正常な市場のルールと秩序を無断に破壊する米国が一体どこまで全世界の投資家の合法的権益を傷つけたいのかはわからない。NYSEの信用もなおさらだ。このような動きは朝令暮改の最たるものであり、許されない。
全人類の進歩と幸福に尽くす科学技術の発展を無視し、市場経済と公正な競争の原則も尊重しない米国の政治家らは政治の利益を求めるための道を選ぶ余裕もないほど慌てている。制裁外交はこの世で通らず、結局逆襲されることになるだろう。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥