一日10万人分検査可能 北京大興区の「火眼」実験室拡大

2020-06-27 12:08  CRI

图片默认标题_fororder_C.JPG

 北京市大興区体育センター総合館内に設置された同市初のバルーンテント型PCR検査実験室「火眼」は、検査用バルーンテントを9棟から16棟まで増設する方針です。増設後は一日10万人分の検査を実施することができ、市の検査能力が大幅に向上することになります。

 実験室は空気清浄システムと高効率フィルターシステムを通じて、全てのエリアで換気管理を実施しています。現場責任者の劉心氏は「従来ある実験室と比べ、この実験室は建設効率が高い。バルーンテント1棟の建設所要時間はわずか50分。内部設備はモジュール化しているため、最新の感染状況に応じて常時グレードアップできるメリットもある」と紹介しました。

 これは、最新の国産設備で、96人分のサンプルを同時採取でき、人による作業より効率が大幅に高まっています。(ミン・イヒョウ CK)

コメント()

ラジオ番組
7月3日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍