【観察眼】北京PCR検査、全市範囲に拡大か

2020-06-22 15:59  CRI

 6月21日零時から24時までに、北京市で新たに確認された新型コロナウィルス感染者は9人、疑い例は2人、無症状感染者は5人と発表された。新発地食品卸売市場で新型コロナウイルスの集団感染が発生した11日から、累計で236人の感染者が確認された。北京市は大規模なPCR検査で感染者を洗い出しつつ、学校の再開延期などの対策をとっている。

图片默认标题_fororder_微信图片_20200622155840

 筆者の自宅と会社はともにリスクの中レベルに指定されたため、昨日コミュニティからPCR検査の知らせが来た。感染リスクの中レベルとハイレベルは今回の感染発生の根源地である新発地からの距離、および感染者の活動地域と連動している。たとえば、筆者の会社は八宝山コミュニティに属している。6月15日から今現在、八宝山で1人の感染者が確認されたため、感染リスク中レベルに指定されたのだ。中レベルとハイレベルに指定されているエリアは今現在それぞれ37ヶ所と4ヶ所になった。これらの地域の住民は全員PCR検査を実施する予定だ。中・ハイレベル以外に全市のデリバリー配達業者、病院の医師、看護師なども全員PCR検査を受けることが義務付けられている。もちろん無料だ。

图片默认标题_fororder_b9f0233812464492a928a2932db26b5e

 6月20日6時までに229.7万人がすでにPCR検査を受けた。現在、北京の一日の検査能力は23万件に達し、5人分を混合検査すれば、検査能力は100万人に上る。北京の2019年常住人口は2100万人ほど、一日100万人の検査を実施すると、21日間かかる。5月頃、武漢が10日間で1000万人のPCR検査を実施した時、かなりの質疑、疑い、悪質な攻撃がなされた。北京はいまだに全市民対象のPCR検査を実施する計画はないが、実施されれば実現することはできるだろう。しかし、その時に再び疑いがかけられることは想像に難くない。SNSで武漢全市民対象のPCR検査について、ネットユーザからは、「日本国内では検査を受けたくてもなかなか難しいのに、中国ではそこまでやられるとは信じがたいばかりだ」とのコメントがあった。信じるか信じないか、武漢と北京で本当に行われていることである。目を開くかどうかは、あなた次第だ。(CRI日本語部論説員) 

コメント()

ラジオ番組
11月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍