<全人代>民族文化が貧困脱却を実現

2020-05-22 14:52  CRI

图片默认标题_fororder_J-1

作品「鳩の花」(撮影:龍元彬)

图片默认标题_fororder_J-2

烏羅鎮毛溪村でミャオ族刺繍を教える全人代の石麗萍代表(左から2人目)(撮影:龍元彬)

 全国人民代表大会の石麗萍代表は22日北京で、「伝統的な民族文化と技術が貧困人口の貧困脱却と増収を実現させる重要な力になる」との意見を出しました。

 中国南西部にある貴州省松桃ミャオ族自治県出身の石代表は、現地のミャオ族刺繍芸術7代目の継承者です。石さんは8年間を費やして、ミャオ族刺繍の資料を収集し、2008年末にミャオ族刺繍チームが立ち上がりました。一時解雇された女性労働者、出稼ぎ労働者の妻、帰省した農村の労働者を集めて、ミャオ族刺繍の技を教えました。この12年間で、チームの人数は4000人以上に増えたほか、自主ブランド「鳩の花」を生み出しました。作品は67の国や地域に輸出しています。

 昨年は刺繍によって、貧困家庭4000戸以上の雇用問題を解決しました。松桃ミャオ族刺繍のような伝統的な民族文化は、貴州省で50万人の女性の雇用機会創出を実現させたということです。(殷、星)

コメント()

ラジオ番組
6月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮