貧困脱出加速への提案 企業・団体が貧困村とペアリング

2020-04-10 13:24  CRI

 国務院貧困扶助弁公室の9日の発表によりますと、中国貧困扶助基金、中国貧困扶助ボランティアサービス促進会、蘇州英格瑪サービスアウトソーシング股份有限公司など31の民間企業や社会団体が合同で提案書を提出し、社会の力を1113の貧困村とペアリングすることで貧困撲滅に取組み、その活動を公表しながら貧困撲滅の堅塁攻略戦における勝利に力を入れていくことを提案しました。

 2020年は中国の貧困撲滅攻略戦の最後の一年です。国務院貧困撲滅開発指導グループは、まだ貧困認定を解除されていない県や、貧困人口が多いことで改善が難航している村などについて、その貧困脱出への取組みの公表を通じて、社会の協力を仰ぎ、貧困脱出を加速させる働きかけをしています。

 提案書は「民間企業と社会団体が持つ優位性を生かし、各企業・団体が1つまたは複数の貧困村とペアになって貧困撲滅に取り組むこと」、「優位性を持つ産業を活用して雇用を促進すること」、「貧困扶助のための製品販売を促進し、販売活動に貧困人口が加わることで確実な利益を受けられるようにすること」などを提案しています。

 なお、提案書を出した31の民間企業と社会団体はいま、75の貧困村とペアを組んでその貧困脱出に力を入れるとしています。(Mou、謙)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅