長野県「北京放送を聞く会」の定期総会が開催

2019-06-19 13:47  CRI

图片默认标题_fororder_第37回長野県北京放送を聞く会定期総会

長野県「北京放送を聞く会」の第37回定期総会

 日本の長野県飯山市で18日、長野県の「北京放送を聞く会」第37回定期総会が開かれました。昨年度行われた夏季スクーリングや秋の合宿研修、中国語スピーチコンテスト県大会などの活動を振り返り、中国国際放送局スタッフとの交流の拡大など今年度の活動計画を話し合いました。

 総会で「北京放送を聞く会」の丸山久雄会長は、「今年もさらに親睦を深めて、中国語の普及を促し、歴史を語り継ぐ様々な活動に取り組んでいく」と挨拶しました。

图片默认标题_fororder_長野県日中友好協会の布施正幸理事長

長野県日中友好協会の布施正幸理事長

 また、長野県日中友好協会の布施正幸理事長は、「日中両国は隣同士なので、仲良く付き合わないと互いに損だということは自明の理であるが、去年ようやく両首脳が相互訪問をし、本格的に良好な関係になり協力・協調していこうということを確認した。今後は、若い世代による中国への理解、特に新しい中国への理解を深めていくことが大事なテーマだと思う」と語りました。

 また総会では、飯山市の藤木義博社会教育委員が「満蒙開拓の歴史」について講演を行いました。旧日本軍による中国侵略戦争の際、農業が盛んだった長野県の大勢の住民が中国東北部などに入植者として派遣されましたが、日本の敗戦で「開拓団」は日本軍に見捨てられ、引き揚げの途中で多くの人が死亡したり行方不明になったりしました。一方で、日本人を恨むべき中国人に助けられた例もあります。会員たちは、このような戦争の歴史を語り継ぐことにより、二度と戦争を繰り返さないという決意を訴え続けるとともに、若者にも伝えようとしています。(取材・写真:ZHL)

コメント()

ラジオ番組
8月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳