<北京国際園芸博>特色ある果物・野菜・薬草エリア

2019-05-06 12:55  CRI

图片默认标题_fororder_E

 北京国際園芸博覧会は開幕から1週間が過ぎ、メーデーの4連休では合わせて34万人が見学に訪れました。

 今回の園芸博では、果物を集めた「百果園」、野菜を集めた「百蔬園」、薬草などを集めた「百草園」という特色のあるエリアが設けられています。

 「百果園」は園芸博敷地の西側にあり、面積は単独のエリアとして会場内最大となる6.6ヘクタールで、12種で180品種、あわせて6000本あまりの植物が植えられています。北京市園林緑化局産業発展処の解瑩副処長は、「エコな果樹園を見事に形成している」と説明しました。

 野菜類の展示エリアである「百蔬園」。野菜のみを集めた場所を設けるのは初めての試みです。面積3.6ヘクタールで、「アイデア農場、楽しい故郷」をテーマとし、野菜の過去・現在・未来について、人々の暮らしとの密接な関わりを披露しています。

 「百草園」は今回の園芸博で唯一、中医薬をテーマとした場所で、「中医学を伝えてヘルシーライフを」を趣旨にしています。ここでは「薬草の園芸化、中医学の生活化」を貫き、3.2ヘクタールの園内に全国各地から集めた500種近くの薬草を植えています。園内は、伝統的な五行の思想に基づき、木、火、土、金、水の各エリアに分けられています。(殷、森)

图片默认标题_fororder_E2

 

コメント()

ラジオ番組
6月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮