2019年4 月24日放送のお便り紹介

2019-04-24 10:09  CRI

图片默认标题_fororder_ff

 福岡県福岡市   大町 卓弥

 40年ぶりに放送を聞き、受信報告お便りを書きました。40年前のBCLブームの頃は、ダイヤルを回すとCRIよりもソビエトのモスクワ放送が聞こえていましたが、今は、短波放送は中国国際放送がほとんどで、廃止になった局も多くなりさみしい感じです。
年前は、CRIから年末にカレンダーが送られてきたり、受信確認証と切り絵を頂いたことを思い出します。番組も社会主義建設のようなものだったと思います。今は、「ハイウェイ北京、中国情報ラジオ」のような中国の歌手の曲が流れたり、少し娯楽的なものがあります。久しぶりのお便りで、何と書いていいのかわかりませんが、ここ福岡市は中国からの観光客も多いですし、コンビニでも中国の人がレジに立っていたりしています。中波ラジオでも中国の放送局が、また、夏には昼間のFMの局が入ってくるなど、中国は身近な感じがします。再び、CRIの放送を聞き、中国語について、学んでいきたいと思いました。

 滋賀県野洲市  渡辺由佳

 日本のニュースでは深く触れないような中国のニュースを聞くことが出来、とても勉強になります。中国が大好きなので、日本にいながらもたくさんの中国の情報が得られてとても嬉しいです。CRIのラジオを通じて中国と繋がることが出来てとても感激しています。私は中国語を勉強しているのですが、まだまだ初心者なので、47都道府県で実践中国語のコーナーはとても難しいです。もっと勉強を頑張りたいと思います。受信状態は基本的には良好なのですが、急に雑音が混ざり、聞こえなくなるのが残念です。毎日、楽しみにCRIのラジオを聞いています。今後も楽しく日本へ中国について伝えてください、よろしくお願いします。

 埼玉県埼玉市  松村秀一

 質問があります。日本の放送界、特に民間放送の人たちには、中波放送からFM放送に移行したいような考えがあると聞いています。これは中波AM放送にかかる大電力による高コストとFMに比べて音質が劣ることが理由と言われています。また、インターネット放送も利用が広まっています。このような状況に日本の中波放送局は危機感を覚えているのではないかと思います。すでにヨーロッパやロシアは中波放送が縮小されています。中国ではどのように考えておられるのでしょうか。それでは、CRIの一層のご発展をお祈りいたします。

 以上のお便りを、4月24日(水)のラジオ番組「中日交流カフェ」でも紹介しています。 水曜日のハイウェイ北京「二時間目」からお聴き下さい。

 ハイウェイ北京・水曜日 http://japanese.cri.cn/radio/wednesday

コメント()

ラジオ番組
5月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同