天壇賞候補『半世界』上映会に阪本順治監督も登場=北京国際映画祭

2019-04-19 21:37  CRI

图片默认标题_fororder_1

 北京の英皇映画館(エンペラーシネマズ)で4月18日、第9回北京国際映画祭のコンペティション部門「天壇賞」にノミネートされた日本映画『半世界』の上映会と舞台挨拶が行われました。メガホンを取った阪本順治監督とプロデューサーの市山尚三さんが登壇し、中国のファンと交流しました。

图片默认标题_fororder_6

この作品は、とある地方都市を舞台に、人生の半ばを迎えた主人公の炭火焼職人と、それぞれの人生を歩んできた同級生2人が、残りの人生と向き合っていく様子を描いたヒューマンドラマで、中国でも大人気の元SMAPの稲垣吾郎さんが主演を務めています。

图片默认标题_fororder_4

 阪本監督は挨拶の中で、「都会の話ではなく、地方の田舎の話です。国は違っても、皆さんと重なる経験が映画の中にあれば幸いです」として、映画のストーリーを自身の視点から紹介しました。

 市山プロデューサーは「北京には何度も来たことがありますが、この映画祭で来るのは初めてです。『半世界』の配給権は中国側に購入されていて、インターネット配信などで見ることもできます。ぜひ多くの人たちにお勧めしてください」と作品を宣伝しました。

图片默认标题_fororder_2

 また、来場者から挙がった「主人公の友人が泣くシーンがとても印象に残りました。これは監督のアイディアですか?」という質問に対して、阪本監督が「その場面を覚えてくれていて嬉しいです。私が書いた脚本の一部です。友人が亡くなったことを、まずは信じられなくて、すぐには泣けないだろうという、ありのままの姿を表現しました」と答えるなど、会場のファンたちとの交流の時間も持たれました。

图片默认标题_fororder_5

 「天壇賞」に日本映画がノミネートされたのは今回が初めてです。最終的な審査結果は、映画祭最終日の4月20日に発表される予定です。(取材・写真:ミン・イヒョウ、とんとん、王ギ)

 

コメント()

ラジオ番組
12月12日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍