元宵節のお団子「元宵」と「湯圓」どう違う?専門家に聞きました

2019-02-19 19:13  CRI

图片默认标题_fororder_J1-1

 今年は2月19日が春節の最終日でもある伝統的な祝日「元宵節」です。この日に食べるものと言えば、餡の入ったまんまるのお団子。ところが、このお団子をある人は「元宵(ユエンシャオ)」と呼び、ある人は「湯圓(タンユエン)」と呼びます。この2つの違いについて、実は中国人でも、はっきりと答えられない人が多いようです。

图片默认标题_fororder_J1-2

 「元宵」と「湯圓」はいったい何が違うのか、歴史学者である天津社会科学院の羅澍偉研究員に聞いてみました。

 羅氏によりますと、「大まかに言えば、北京を中心とした北方地域で食べられているのが元宵で、江蘇省や浙江省を中心とした南方地域で食べられているのが湯圓」なのだそうです。

 さらに、一番の違いは作り方にあると言います。まず、「湯圓」は餡を生地で包んで作られますが、「元宵」は餡を粉の上で転がして、雪だるまのように作られます。作り方は異なりますが、いずれも元宵節に欠かせない一品であることに違いはありません。ちなみに、冬至や旧暦の大晦日には餃子を食べる習慣がありますが、一部の地域ではこれらの日にも餃子ではなく「湯圓」を食べます。

 羅氏は、「包んで作る湯圓も、転がして作る元宵も、どちらも元宵節のめでたい風習で、『離れた家族が集まって団らんする(闔家団圓)』、『睦まじきことの麗しさ(和睦美好)』、『調和と円満(和諧圓満)』という意味を持っている。新しい一年を幸せに健康に過ごし、すべて円満であるようにとの願いを托したものなので、今日まで伝えられてきた」と語りました。(玉華、謙)

コメント()

ラジオ番組
12月1日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同