『台湾同胞に告げる書』発表40周年座談会を開催=駐米大使館

2019-01-12 13:41  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_G-1

座談会会場 (撮影:劉坤)

 中国駐米大使館は現地時間11日、習近平国家主席が「台湾同胞に告げる書」発表40周年記念大会で行った重要談話について座談会を開催し、在米華僑・華人の意見や考えを聴取しました。座談会には崔天凱大使も出席し、講演を行いました。

图片默认标题_fororder_G-2

崔天凱大使(前列左三)(撮影:劉坤)

 崔大使は、「40年前に『台湾同胞に告げる書』が発表されたことは、我々の台湾政策とその方針が重要な転機を迎え、両岸関係の発展が新たな歴史的段階に入ったことを意味するものだった。40年後の今年、習主席が新時代における対台湾活動について綱領的談話を発表、新時代に立脚し、民族復興の偉大な道のりに沿って祖国の平和統一を推進する重要な政策と主張を全面総括したことには歴史的意義がある」と述べました。

 そして、崔大使はその意義として、「習主席の談話が祖国の統一が必然的な歴史の趨勢であると明示したこと、新時代における対台湾政策や主張を改めて提示したこと、台湾同胞への誠意と善意を十分に表したこと、国家と民族の核心的利益を守る確固たる決心を表したことの四点がある」としました。

 崔大使はまた、「中米が国交を樹立して40年、台湾問題は終始中米関係における最も重要かつ最も敏感な核心的問題であり、目下の中米関係が再び重要な発展の段階にあることから、習主席の談話は中米関係における台湾問題の取り扱いについて重要な指導的意義を持つものとなる。我々は米国側と共に、両国首脳がアルゼンチン会談で形成した重要な共通認識に基づき、協調・協力・安定を基調とする中米関係を共に構築していきたい」と指摘しました。(Lin、む)

 

 

 

コメント()

ラジオ番組
3月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅