日本のサイレント映画&活動弁士が登場=初の海南島映画祭

2018-12-06 16:42  CRI

 12月9日から16日にかけて海南省三亜市で開催予定の、初の海南島国際映画祭。この映画祭で、「最もレトロでアーティスティック」な上映部門として期待されているのが、初期の映画の形式であるサイレント映画の名作を鑑賞しながら、ストーリーにあわせた音楽伴奏を楽しむ鑑賞会「沈黙の声~サイレント映画×ライブ~」(12月10日~12日)です。

图片默认标题_fororder_J1-1  图片默认标题_fororder_J1-2  图片默认标题_fororder_J1-3

 この部門では、サイレント映画時代においてクラシカルな存在であった中国の『一串珍珠(A String of Pearls)』(1926)、1930年代の大女優・阮玲玉(ロアン・リンユィ)の代表作『神女(Goddess)』(1934)、日本の名作『雄呂血』の3本が上映される予定です。

 歴史を遡れば、1920年代までの映画制作はサイレント映画(無声映画)がほとんどで、「サイレント期」と呼ばれていました。技術の成熟に伴い、1920年代末からは、だんだんとトーキー(発声映画)に替わられるようになりましたが、1920年代に制作されたサイレント映画は特に映像美に定評があるなど、クオリティの高い作品が数多く誕生しました。サイレント映画の上映時には、オーケストラやバンドによる音楽伴奏が付くことが多かったのですが、日本では、上映中の映画のストーリーや起承転結に合わせて、その内容を解説する活動弁士(活弁)が活躍していました。

 この映画祭では、サイレント期の映画芸術の魅力を存分に楽しんでもらうため、これまで300本以上のサイレント映画で活弁を担当していた片岡一郎氏の出演が決まりました。『雄呂血』の上映に際し、活弁を披露する片岡一郎は、筑前琵琶演奏家の藤高理恵子氏やピアニストの上屋安由美氏とコラボすることが決まっています。海南島国際映画祭での『雄呂血』の上映は12月12日19:00から。サイレント映画の映像美に日本独特の話芸と古典音楽が組み合わさる、夢の共演は必見です。(ミン・イヒョウ 謙)

コメント()

ラジオ番組
12月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍