シルクロード著名記者団、耀州窯磁器の歴史と魅力を知る

2018-10-26 16:44  CRI

图片默认标题_fororder_N1-2

图片默认标题_fororder_N1-1

图片默认标题_fororder_N1-3

 シルクロード沿線諸国の著名ジャーナリストからなる取材ツアー「シルクロードの著名記者、中国を行く」の一行が今月20日、陝西省銅川市にある耀州窯博物館を訪れました。

 現在の陝西省銅川市黄堡鎮にある耀州窯の遺跡は、1400年の歴史を有しています。ここは唐の時代に有名な陶磁器の産地となり、宋の時代にその製品が全盛期を迎え、「宋代の六大窯」の一つに数えられました。

 アフガニスタンの新聞『アジアの心』の政治論評部関係者アスドラ・ワシディー氏は博物館と遺跡の見学を終えて、「私の故郷には、耀州の磁器製造と似た焼き物があり、今でも一部の村では使用されているし、中には全く手作りの磁器もある。今回、博物館を見学して、唐の時代から続く耀州窰のイノベーションと発展を理解できた。感心した」と述べました。

 また、トルコの『朝刊新聞』のカメラマンであるサフェト・アザク氏は「これらのすばらしい磁器は、古代の中国人の優れた技術を示している。それに、磁器の模様やデザインからは、中国の伝統的な文化が伝わってきた」と話しました。

 なお、今回の取材ツアー「シルクロードの著名記者、中国を行く」には、トルコやパレスチナ、アフガニスタン、エジプトなどのシルクロード沿線国のジャーナリストが参加しました。(玉華、謙)

コメント()

ラジオ番組
6月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强