中国デジタル植物標本館の標本収録数が600万件以上に

2018-07-05 16:12  CRI

图片默认标题_fororder_FOREIGN201807051342000404953170080
中国科学院植物研究所植物標本館で、職員がデジカメで植物標本を撮影する様子(7月4日撮影)

   中国科学院植物研究所が運営する中国デジタル植物標本館は2006年の開設から現在まで、デジタル標本を600万件以上収録しており、中国の植物標本及び植物科学情報を入手する重要な場になっている。同プロジェクトは国家科学技術基礎条件プラットフォームプロジェクトの資金援助を受けている。実物の標本を映像化し、採集に関する情報や鑑定の情報などをパソコンに入力し、これをつなげることで1つのデジタル化標本を作りあげる。また館内の実体標本のデジタル化を実現している。新華社が伝えた。(編集YF)

   「人民網日本語版」2018年7月5日

ラジオ番組
7月22日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
李阳