朝鮮、朝米首脳会談に応じるか再検討する可能性を示唆

2018-05-17 09:46  CRI

00:00:00
00:00:00

 朝鮮外務省の金桂冠(キム・ゲグァン)第一次官は16日、トランプ政権が一方的に朝鮮に核放棄を強いれば、米国との首脳会談に応じるかを考え直す可能性があると示しました。

 金第一次官は、「朝米首脳会談を前に、米国が対話の相手側を強く刺激する言論をむやみに発表するのは、非常に不適切なやり方だ。安全保障問題を担当するボルトン大統領補佐官が打ち出した、核の放棄を先行させ、その後に見返りを与える『リビア方式』などは、対話を通じて問題を解決するものではない」とし、米国の敵視政策と核の威嚇を終わらせることが非核化の前提条件になると強調しました。(Mou)

ラジオ番組
5月27日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 周莉&孟群_fororder_周四周莉孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍