日本の「一帯一路」関与を歓迎=外交部

2018-05-09 19:40  CRI

 外交部の耿爽報道官は9日の定例記者会見で、「日本側の『一帯一路』関与に対して、中国側は終始オープンなスタンスをとっている。日本側が適切な形で『一帯一路』の建設に関与することは、中日の経済協力に新たな可能性を作り出し、新たな成長のベクトルを見出すことになるだろう」と述べました。

 日本メディアの報道によりますと、中日両国は「一帯一路」官民協議会を発足させ、第三国での経済産業プロジェクトを促進することを模索しているとしています。これについて耿報道官は、「『一帯一路』は開放的で包摂的な構想であり、協議、協業、共有の原則に則るもので、思いを同じくする全ての国を受け入れる場所だ。日本の指導者は先ごろ『一帯一路』について幾度にも渡り積極的姿勢を示しており、この枠組みへの関与を考える日本企業も少なくない。第三国の市場で両国の企業が協力して事業を展開することは、両国の経済貿易協力の発展にプラスとなるばかりか、第三国の経済発展にもプラスとなるものだ」と述べました。

 耿報道官はさらに、「今回の李総理の訪日期間中、双方は『第三国市場における中日の協力事項覚書』に調印する見込みだ。我々は日本側と共に、第三市場で関連事業の協力を展開し、互いの強みを生かし、互恵共栄を実現していきたいと考えている」と述べました。(ooeiei、む)

ラジオ番組
5月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 周莉&孟群_fororder_周四周莉孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍