日本映画週間開幕、『栞』の舞台挨拶を実施(動画)

2018-04-17 19:30  CRI

 15日から22日にかけて開催される第8回北京国際映画祭の恒例行事として、日本映画週間が同じく15日に開幕しました。日本の最新話題作6作品が上映されます。この中で最も注目されているのが、一足早く中国での公開を果たした榊原有佑監督の最新作『栞(中国名「自我人生」)』です。

日本映画週間開幕、『栞』の舞台挨拶を実施

 映画週間の初日、この作品の舞台挨拶が北京の頤堤港CGV星星映画館で行われました。榊原監督を初め、キャストの阿部進之介さんと池端レイナさんが現場に駆け付けました。

日本映画週間開幕、『栞』の舞台挨拶を実施

 榊原さんは「この作品は、理学療法士というリハビリ担当の人物が主人公になっている。自分自身が2010年まで理学療法士をしており、その時の実体験のエピソードを盛り込んだ映画なので、内容はすべて自分が経験したことである」と、あらすじを紹介しました。

日本映画週間開幕、『栞』の舞台挨拶を実施

 この作品で、半身不随となったラガーマン役を演じた阿部さんは、「僕が演じた役は、胸から下が全く動かない役だった。人間は立っている時も、胸から下まで無意識に力を全部入れているが、怪我をして胸から下を動かせない人というのは、無意識にすべて脱力しているという状態であって、それを僕ら普通に歩ける人が演じるのはとても難しかった。普通に座っているだけでも足の部分から力が入ったりして、それをすべて抜かなければならないというところから始まったので、大変工夫した」と話しました。

日本映画週間開幕、『栞』の舞台挨拶を実施

 また、池端さんはまず流暢な中国語で挨拶し、「今回は『栞』の初回上映なので、とても特別な日であり、皆さんぜひ楽しんでください」と話しました。この作品で看護師役を演じたことについて、「入院した人はきっと心配ごとが多いと考えて、出演の時は病人に対して優しく面倒を見て、性格が明るい女の子を演じた」と話しました。

日本映画週間開幕、『栞』の舞台挨拶を実施

 この作品は、大分県を舞台とし、理学療法士の青年が様々な境遇の患者や周囲の人々と向き合いながら成長していく姿を描いた人間ドラマです。今回は日本も含めて初めての上映であり、日本ではこの秋に公開される予定です。

コメント()

ラジオ番組
10月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
System