会員登録

シンガポール学者「交渉は南海問題解決の最良の方法」

2016-07-19 16:34:16     cri    
 シンガポール南洋理工大学内に設立されているラジャラトナム国際研究院(RSIS)の李明江副教授が18日、シンガポールで開催された「南海問題と地域協力発展のハイレベルシンクタンク学術シンポジウム」に出席した際、記者の取材を受け、「交渉と協商は南海問題を解決する最も良い方法だ。これは疑う余地のないものだ」と述べました。

 李副教授は、「南海仲裁の裁決結果が発表された後、関係国は共に自制を保つ政治的意向を見せている。短期的に見て、南海仲裁案が南海の情勢に大きな影響をもたらすことはないだろう」と述べました。

 また李副教授は、「このごろ、中国とフィリピンは交流を行っており、フィリピン新政権はより多くの対話と交渉の意向を示している。中国とフィリピンの間により多くの交流が生まれることを信じている」と語りました。(玉華、謙)

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS