会員登録

露首相、米国の対露制裁新措置が無意義なものだと指摘

2017-08-03 10:40:56     cri    

 ロシアのメドベージェフ首相は2日、アメリカの対ロシア制裁新措置は無意義なものであることを指摘した後、制裁による結果について、「アメリカ新政府との関係を改善したいロシアの希望が無くなり、アメリカがロシアに対し全面的な貿易戦を起こす」と語りました。

 メドベージェフ首相は当日、ソーシャルメディアであるFACEBOOKで、「新制裁はあらゆる分野に及んでおり、もし奇跡が起きなければ、こうした制裁は数十年も続くだろう」としています。

 ロシア外務省報道局が2日、同局のホームページで論評を発表し、「ロシアに対する制裁措置は危険かつ目先のきかないもので、両国が責任を持って安定を維持するべきことを破壊した。ただし、いかなる威嚇や企みもロシアが進めている道を変更させ、あるいは自国の利益を犠牲にすることを無理やり変えさせることができないものである」と強調した後、さらに「互いに害しあうことはロシアの選択肢ではない。地域紛争解決などロシアと世界の安全にとってプラスになる分野において、ロシアはアメリカとの協力に対して開放的な姿勢を取っているが、アメリカ側が錯覚を克服して、世界を正しく認識しさえすれば、ロシアとの協力が実りのあるものになるだろう」と指摘しています。(非、kokusei)

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS