会員登録

「一帯一路」科技創新国際シンポ、『北京宣言』発表

2016-11-09 13:37:09     cri    

 「『一帯一路』科学技術イノベーション国際シンポジウム2016」が8日、北京で閉幕しました。「一帯一路」沿線国から参加した40近くの科学研究機関の代表らは共通認識に達し、『北京宣言』を発表しました。

 この宣言は「科学技術とイノベーションは『一帯一路』建設の重要な推進力で、協力分野において優先されるべきだ。沿線国と関連地域の発展の需要を満たし、共通した科学技術の課題を解くには、大勢の科学専門家が力を合わせる必要がある。特に若い科学者と女性科学者の役割発揮が必要となってくる」としました。

 また、宣言は「沿線国の科学研究機関が協力メカニズムをサポートする作業グループと国際科学専門家連盟の発足を決めた。今後、『一帯一路』科学技術イノベーション国際シンポジウムを2年に1回開催する」と明らかにしました。(殷、謙)

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS