春節連休 中国南部でウインタースポーツがブーム

2023-01-25 16:13:25  CRI


最近オープンしたばかりの屋内型スキー場(湖北省武漢市)

 新春を迎えた中国では、友人や親戚を訪ねたり、旅行に出かけたりと、春節を満喫する人々の姿をあちらこちらで見かけます。南部では、春節の過ごし方として、ウインタースポーツを選ぶ人が多くなっています。

 湖北省では、ウインタースポーツを楽しもうと、多くの人が外へ出かけています。24日、湖北省宜昌市夷陵区にあるスキー場には午前10時の時点ですでにスキー目当ての市民でいっぱいでした。郊外のスキー場だけではなく、都市部にある屋内型スキー場も多くの観光客が体験に訪れています。武漢市にオープンしたばかりのある屋内型スキー場には、春節期間中、毎日に数千人もの利用客が訪れ、新年の初スキーを楽しんでいます。

 江蘇省常州市では、多くの人がスキーの練習にいそしんでいます。常州市武進区雪堰鎮にあるこのスキー場では、「体験+レッスン」を主力としており、来場客の90%以上は家族連れだということです。春節期間中、このスキー場を訪れた観光客数が毎日3000人に達しており、このスキー場ではインストラクター数を通常の3倍に増員して観光客の対応にあたっているということです。


スキー場を訪れた観光客にインタビュー(重慶市)

 また、重慶市では、この春節は近場の旅行が人気で、多くの高山スキー場で観光客が例年よりずいぶん増えているということです。春節休暇を利用して友人と訪れたという観光客は、「初めてのスキーだったが転ぶことはなく、とても楽しかった」と話していました。(シンエン・MI)

ラジオ番組