複数の国際金融機関が中国経済見通しを上方修正

2023-01-21 17:55:05  CRI

 BRICS新開発銀行(NDB)のレスリー・マースドープ副総裁が中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の独占インタビューに応じました。その中で、マースドープ副総裁は、中国が感染症対策の適正化措置を導入したことを受けて、多くの国際金融機関が中国経済の見通しを上方修正したと明らかにしました。  

 マースドープ副総裁は、「野村証券、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、UBSなどが、2023年の経済見通しを発表しており、いずれも2023年の中国経済に対する予測値を引き上げている。国際通貨基金(IMF)も数日前に、中国に対する経済成長見通しを上方修正したと発表した」と述べました。

 上方修正が行われた理由について、マースドープ副総裁は「中国の消費支出のリバウンドが経済の重要な駆動力となって、中国が引き続き世界経済の成長で重要な役割を果たすことが期待されている」と挙げています。(Yan、謙)

ラジオ番組