「中国グリーン」は世界の持続可能な発展に彩りを添える=外交部

2023-01-20 20:07:22  CRI


 中国外交部の汪文斌報道官が20日に定例記者会見を行い、記者から「先日発表した『新時代における中国のグリーン発展』白書の中で新時代における中国のグリーン発展の理念、実践と経験を詳しく紹介し、生態環境の保護、持続可能な発展の推進は各国の共通の責任だとも言及しているが、中国はグリーンな地球を守るためにどのような役割を果たすのか」との質問がありました。

 汪報道官はこれについて、「我々は世界に先駆けて土地劣化の『ゼロ成長』を実現し、30年以上にわたって森林被覆率、森林蓄積量の『ダブル成長』を維持し、汚染防止と処理の堅塁攻略戦を続け、環境の質は著しく改善された。中国はまた、世界最高の二酸化炭素排出量削減幅を達成し、歴史上最も短時間でカーボンピークアウトからカーボンニュートラルまでを実現し、世界の二酸化炭素排出削減目標の実現推進に中国の力で貢献していきたい」と述べました。

 汪報道官はまた、中国がグローバル発展イニシアチブを実行に移し、グローバルクリーンエネルギーパートナーシップの構築を推進していること。G20、ブリックス(BRICS)、上海協力機構(SCO)、アジア太平洋経済協力(APEC)などの枠組みの下で、エネルギーの転換、エネルギー効率の向上に関する協力に積極的に参与していること。国連環境計画(UNEP)と「グリーン『一帯一路』構築に関する覚書」に調印し、関係国や国際機関と50以上の生態環境保護協力文書を結び、「グリーンシルクロード使者計画」を実施し、「一帯一路」共同建設に参加する120以上の関係国で既に延べ3000の人材を育成していること。「生物多様性条約」第15回締約国会議及び「ラムサール条約」第14回締約国会議を成功裏に開催し、世界の生物多様性ガバナンスのために新しい青写真を描き、世界の湿地保護事業の質の高い発展を力強く促進したことなどを指摘しました。(任春生、坂下)

ラジオ番組