注目の映画新作 2023年1月Vol.3

2023-01-20 16:32:02  CRI

【国産編】


中国乒乓之絶地反撃(Ping-pong of China)
公開日:2023年1月24日
監督:鄧超(ダン・チャオ)兪白眉(ユー・バイメイ)
主演:鄧超(ダン・チャオ)孫儷(スン・リー)許魏洲(ティミー・シュー)段博文(ドェン・ボウウェン)蔡宜達 (ツァイ・イーダー)

 『分手大師(The Breakup Guru)』(2014)や『銀河補習班 (Looking Up)』(2019)など数々の話題作を送り出してきた、人気俳優・鄧超(ダン・チャオ)と売れっ子脚本家・兪白眉(ユー・バイメイ)の名コンビが久々のカムバック!その最新作は、中国の国民的スポーツである卓球を題材にした「スポーツコメディ」で、今年の春節映画商戦への参戦も決まりました。本作は、中国卓球が低迷していた1990年代初頭の実話をもとにしており、当時新しいチームの結成を任された男子中国代表のヘッドコーチ・蔡振華氏が、馬文革、王濤、丁松、劉国梁、孔令輝という「五虎将」を率いて、猛特訓の末に1995年に天津で開催された世界卓球選手権で頂点に返り咲くまでの物語を描いています。主演は、監督の鄧超が務めているほか、鄧超の妻で人気女優の孫儷(スン・リー)、人気歌手で俳優の許魏洲(ティミー・シュー)、段博文(ドゥアン・ボーウェン)らがキャスティングされています。卓球ファンなら見逃せない作品。日本での公開は未定です。

 

【国産編】

風再起時(Where the Wind Blows)
公開日:2023年2月17日
監督:翁子光(フィリップ・ユン)
主演:郭富城(アーロン・クォック)梁朝偉(トニー・レオン)杜鵑(ドゥー・ジュエン)許冠文(マイケル・ホイ) 春夏(ジェシー・リー)

 今年の米アカデミー賞外国語映画部門の中国香港代表作品に選ばれた話題作『風再起時(Where the Wind Blows)』が、いよいよ2月17日に中国本土で一般公開決定!本作は50~60年代を舞台に実在の警官と「黒社会」の駆け引きを描いた作品で、中国香港を代表する俳優の郭富城(アーロン・クォック)と梁朝偉(トニー・レオン)が初共演していることで大きな話題となっています。共演は、人気女優の杜鵑(ドゥー・ジュエン)や春夏(ジェシー・リー)に、往年のスター・許冠文(マイケル・ホイ)など。2015年に大好評を博した映画『九龍猟奇殺人事件(踏血尋梅)』の翁子光(フィリップ・ユン)監督がメガホンを取っています。なお、郭富城(アーロン・クォック)や春夏(ジェシー・リー)は『九龍猟奇殺人事件(踏血尋梅)』にも出演しています。(ミン・イヒョウ、梅田謙)

ラジオ番組