注目の映画新作 2022年12月Vol.5

2022-12-29 19:14:46  CRI

【国産編】

想見你 (Someday or One Day: The Movie)
公開日:2022年12月24日
監督:黄天仁(ホァン・ティエンレン)
主演:柯佳嬿(アリス・クー)許光漢(グレッグ・ハン)施柏宇(パトリック・シー)金世佳(ジン・シージャー)郭文頤(グオ・ウェンイー)

 アジア圏で大ヒットしたドラマ『時をかける愛(原題:想見你)』の続編にあたる劇場版『想見你 (Someday or One Day: The Movie)』が12月24日から中国本土で一般公開スタート。劇場版はドラマの続きになっており、主人公3人の葛藤やドラマ版で残された謎の解明といった要素もありながら、新たな物語が始まります。笑いあり涙ありの感動作となっており、このシリーズは初めてという人も十分に楽しめる内容。メインキャストはドラマと同じく、柯佳嬿(アリス・クー)、許光漢(グレッグ・ハン)、施柏宇(パトリック・シー)の3人がカムバックし、監督には黄天仁(ホァン・ティエンレン)、プロデューサーには麻怡婷(マー・イーティン)が続投。さらに、制作陣には『悲しみより、もっと悲しい物語』の監督・林孝謙(ギャビン・リン)や脚本家の呂安弦(エルメス・ルー)も加わっています。ドラマ版で大ブレイクした主題歌、人気バンド・八三夭樂團(バーサンヤオ)が歌う「想見你想見你想見你」は劇場版にも起用。日本公開は未定です。

 

【洋画編】

ピンク(中国題:女生規則)
公開日:2023年1月6日
監督:アニラダ・ロイ・チョードゥリー
主演:タープシー・パンヌ キールティ・クルハーリー アミターブ・バッチャン ピーユーシュ・ミシュラ アンガダ・ベディ

 中国では定番ジャンルの一つとなったインド映画。その2023年第1弾として、2016年にインドでスマッシュヒットを記録した社会派作品『ピンク(中国題:女生規則)』が登場。本作は、ベンガル語映画で知られるアニラダ・ロイ・チョードゥリー監督のヒンディー語映画デビュー作で、インドが抱える深刻な社会問題を盛り込んだ力作となっています。ニューデリーを舞台に、暴行を受けそうになった若い女性が男性を殴り自宅に逃げ帰ったところ、殺人未遂などの罪で訴えられることになるという物語です。この作品はインドの第64回国家映画賞の社会問題映画賞を受賞したほか、多くの映画賞で作品賞や監督賞などへのノミネートを果たしており、弁護士役で出演した名優のアミターブ・バッチャンは3つの主要なインド映画賞で主演男優賞を獲得しました。日本ではネットフリックスで配信されています。(ミン・イヒョウ、梅田謙)

ラジオ番組