中国本土映画興行週間ランキング(2022.11.28–2022.12.4)

2022-12-07 14:03:28  CRI

 「ONE PIECE」と「名探偵コナン」がワンツー独占と、日本映画が中国本土で異例の大ヒット!!日本映画が週間ランキングのワンツーを独占するのは中国本土の映画シーンにおいて史上初の快挙で、「ONE PIECE」シリーズとしても週間ランキングを制覇したのは史上初です。『ONE PIECE FILM RED(中国題:航海王:紅髪歌姬)』の初動記録は7400万元超(約14.6億円)で、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁(中国題:名偵探柯南:万聖節的新娘)』は累計1.38億元(約27億円)に到達!

単位:万元

~作品紹介~

【1位】ONE PIECE FILM RED(中国題:航海王:紅髪歌姬)
公開日:2022年12月1日
監督:谷口悟朗
主演(吹替):田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 チョー 宝亀克寿 名塚佳織 Ado 津田健次郎 池田秀一

 「ONE PIECE」の劇場版第15作(FILMシリーズ4作目)の『ONE PIECE FILM RED(中国題:航海王:紅髪歌姬)』が中国本土で初登場1位に!本作は今年8月6日に日本で公開されたあと、8月21日に北京国際映画祭の出品作としてたった1回のみ北京市内の劇場で上映され、チケットが一秒で完売するほどの注目を浴びました。その内容は映画オリジナルキャラクターの歌姫・ウタをめぐる物語で、世界中の人々を魅了するウタのライブが行われる島にモンキー・D・ルフィら麦わらの一味が集結するというもの。そこで明かされるウタの出生の秘密とは?

【2位】名探偵コナン ハロウィンの花嫁(中国題:名偵探柯南:万聖節的新娘)
公開日:2022年11月18日
監督:満仲勧
主演(吹替):高山みなみ 山崎和佳奈 小山力也 古谷徹 高木渉 湯屋敦子 緑川光 神奈延年 林原めぐみ 山口勝平 白石麻衣

 今年4月に日本で公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第25作『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が、中国本土でトップ3をキープ。本作は、公安警察・降谷零の首に装着された首輪型爆弾を解除しようと、コナンたちがハロウィンでにぎわう渋谷を駆け回る様子を描くもので、日本では現時点での累計観客動員数は680万人、累計興行収入が94.8億円を突破してシリーズ最高興収となったということです。

【3位】掃黒行動(The Tipping Point)
公開日:2022年11月11日
監督:林徳禄(デビッド・ラム)
主演:周一囲(ジョウ・イーウェイ)秦海璐(チン・ハイルー)張智霖(チョン・チーラム)

 「黒社会(マフィアやギャング、犯罪組織など)」を一掃する取り組みを描く最新作『掃黒行動(The Tipping Point)』がトップ3をキープ。香港の汚職捜査機関「ICAC(廉政公署)」の活躍を描くサスペンス・シリーズ「反貪風暴」などの林徳禄(デビッド・ラム)監督がメガホンを取り、2009年に中日合作ドラマ『蒼穹の昴』に出演し、今は数々のドラマや映画、バラエティなどで活躍中の人気俳優、周一囲(ジョウ・イーウェイ)が主演を務めています。

【4位】您好,北京(Farewell Beijing)
公開日:2022年11月18日
監督:曹茜茜(ツァオ・シーシー)
主演:安澤豪(アン・ズーハオ)徐崢(シュー・ジェン)劉犇(リウ・ベン)李斐然(リー・フェイラン)海一天(ハイ・イーティエン)

 北京の市民生活をテーマにしたドラマ映画の新作『您好,北京(Farewell Beijing)』がトップ5をキープ。本作は、今のコロナ時代の北京を舞台に、夢を追いかける人々の悩みや奮闘ぶりを描くもので、北京生活ではおなじみの配達員や、起業家、ミュージシャンなど様々な人物が登場する、北京の今をリアルに伝える作品です。本作は今年8月に開催された北京国際映画祭に出品され、メガホンをとる曹茜茜(ツァオ・シーシー)監督は、この作品で2021年に第13回マカオ国際映画祭のコンペティション部門にあたる金蓮花奨・最優秀監督賞へのノミネートを果たしています。

【5位】万里帰途(Home Coming)
公開日:2022年9月30日
監督:饒暁志(ラオ・シャオジー)
主演:張訳(ジャン・イー)王俊凱(ワン・ジュンカイ)殷桃(イン・タオ)成泰燊(チェン・タイイェン)

 劉徳華(アンディ・ラウ)と肖央(シャオ・ヤン)のW主演作『人潮汹湧(Endgame)』で知られる饒暁志(ラオ・シャオジー)監督の最新作『万里帰途(Home Coming)』がロングヒットを記録中。本作は史実をもとにしたもので、戦争が勃発したヌーミア共和国で、元外交官と外交部の新人が戦火の中、中国の同胞を連れて帰国の途につく物語です。

【6位】FALL(中国題:墜落)
公開日:2022年11月18日
監督:スコット・マン
主演:グレース・キャロライン・カリー ヴァージニア・ガードナー ジェフリー・ディーン・モーガン

 今年8月に米国で公開されたスリラー映画『FALL(中国題:墜落)』が中国本土で好評上映中。高さ2000フィートの電波塔を自らの意志で登った親友同士のベッキーとハンターが、そこから降りられずに、大変な事態に陥る姿を描くもので、“恐怖中毒者”にはたまらない作品かもしれませんが、高所恐怖者の方は観るかどうか慎重に判断すべき1本と言えます。日本公開は未定です。

【7位】コーラス(中国題:放牛班的春天)
公開日:2022年12月2日
監督:クリストフ・バラティエ
主演:ジェラール・ジュニョ ジャン=バティスト・モニエ ジャック・ペラン フランソワ・ベルレアン マリー・ビュネル カド・メラッド

 世界の映画史に残るフランスの名作『コーラス(中国題:放牛班的春天)』が約18年ぶりに中国本土で再上映を実施中。本作はクリストフ・バラティエ監督が1944年のフランス映画『春の凱歌』を原案に制作したもので、戦後まもない1949年頃のフランスを舞台に、23人の子供達と1人の音楽教師が織り成す感動的な物語となっています。本作はクリストフ・バラティエ監督のデビュー作でもあります。『バティニョールおじさん』などのジェラール・ジュニョが音楽教師を熱演。作中では問題児として描かれるモランジュを演じた13歳の子役、ジャン=バティスト・モニエは当時、実際に合唱団のソリストを務めていました。その奇跡のような「天使の歌声」は、いつまでも色あせません。日本では2005年4月に一般公開されました。

【8位】ザリガニの鳴くところ(中国題:沼澤深処的女孩)
公開日:2022年11月25日
監督:オリヴィア・ニューマン
主演:デイジー・エドガー=ジョーンズ テイラー・ジョン・スミス ハリス・ディキンソン マイケル・ハイアット

 今年7月に米国で一般公開された話題作『ザリガニの鳴くところ(中国題:沼澤深処的女孩)』が約4カ月越しに中国本土で一般公開中!本作は、ディーリア・オーエンズの同名小説を実写化したラブミステリーで、湿地帯でたった一人で育った少女が殺人事件に巻き込まれた壮絶な半生と事件の真相を描く物語です。メガホンを取るのは『ファースト・マッチ』などのオリヴィア・ニューマン。『フレッシュ』などのデイジー・エドガー=ジョーンズ、『シャドウ・イン・クラウド』などのテイラー・ジョン・スミスのほか、ハリス・ディキンソン、デヴィッド・ストラザーンらが出演しています。日本公開は11月18日。

【9位】鋼鉄意志(Steel Will)
公開日:2022年9月30日
監督:寧海強(ニン・ハイチャン)
主演:劉燁(リウ・イェ)韓雪(ハン・シュエ)林永健(リン・ヨンジェン)張国強(ジャン・グオチャン)

 『山の郵便配達(原題:那人 那山 那狗)』(1998)により日本でも知られる人気俳優・劉燁(リウ・イェ)が主演を務める新作『鋼鉄意志(Steel Will)』がトップ10をキープ。新中国成立前夜、中国の東北地方の鞍山鉄鋼工場を舞台に、敵の陰謀から工場を守りきった工場スタッフたちが、ほぼ廃墟となった工場で製鉄に挑む勇姿を描いています。

【10位】イリュージョン(中国題:殺掉那個魔術師)
公開日:2022年11月19日
監督:オレグ・アサドゥリン
主演:アンドレイ・ブルコフスキー パヴェル・チナリョフ ダニラ・ヤクシェフ アグラヤ・タラーソヴァ

 2020年のロシア映画『イリュージョン(中国題:殺掉那個魔術師)』が2年越しに中国本土で一般公開中。本作は、天才マジシャン3兄弟をめぐるクライムサスペンスで、イリュージョンの世界と映画手法が化学反応を起こしたエンターテイメント大作に仕上がっています。(ミン・イヒョウ、謙)

ラジオ番組