中国でデジタル物流市場が急成長=業界団体が発表

2022-12-02 15:13:03  CRI

 中国物流購買連合会がこのほど発表した「2022中国デジタル物流発展報告書」によると、新型コロナウイルス感染症流行に対応するために、企業はデジタル化のモデルチェンジの加速を迫られています。中でも物流企業のデジタル化のペースが加速し、中国のデジタル物流市場は急発達の勢いを見せているとのことです。 

 デジタル物流とはデジタル技術と従来の物流産業が融合したもので、スマート輸送、スマート倉庫、スマート配送などが含まれます。 

 2020年には年間356億7000万元(約6835億円)だった中国のデジタル物流市場の規模は、2022年10月には1280億5000万元(約2兆4536億円)に達しました。年平均成長率は70%を超えています。 

 一方で、次世代情報技術の応用は依然として十分ではなく、大量の物流作業は従来の方法のままであり、全要素を対象にするデジタル化物流は依然として少ない状態です。今後は物流とサプライチェーンのデジタル化運営の一層の向上を目指して、特にデジタル化の発展プロセスにおけるオンラインとオフラインの融合を強化し、物流全体の安全性と強靭(きょうじん)さを強めることが必要とのことです。(ZHL、鈴木)

ラジオ番組