12月1日 木曜日

2022-12-01 11:27:32  CRI

 浙江省の「順其自然」おじさんが24年連続で総額1469万元を寄付している話や、長編動画プラットフォームで人気が高まっているアニメの話、そして中国都市部の新世代の半分以上が「通勤時間短縮のためなら高い家賃もOK」とする話題や、25年努力し続け、56歳で宇宙飛行の夢を叶えた鄧清明宇宙飛行士の話などについてお送りします。

●浙江省の「順其自然」という匿名の慈善家が今年も106万元、およそ2046万円寄付し、24年連続で総額1469万元、およそ、2億8350万円を浙江省慈善総会に寄付しました。

●長編動画プラットフォームでアニメ作品の人気が高まっています。中国全土でアニメ関連企業は年々増加し、22年に117万5千社に達しています。

●中国都市の若い世代は、金儲けよりも生活の質を優先する傾向があることが、関連調査の結果でわかりました。

●29日に打ち上げられた有人宇宙船「神舟15号」の乗組員の一人、鄧清明宇宙飛行士は25年努力し続け、56歳で宇宙飛行の夢をようやく叶えました。

 詳しくはどうぞ、番組をお聞きください。

 

 

 

ラジオ番組