過去32年間の銃撃死亡人数は111万人超=米国

2022-12-01 15:41:12  CRI

 米国現地時間11月29日、米国医師会が発行するオープンアクセス医学雑誌「JAMA Network Open」で発表された最新の研究によりますと、1990年から2021年までの32年間で、米国では111万人以上が銃による暴力事件で死亡し、被害者の25.8%がアフリカ系だということです。米国では、人種によって銃関連の死亡率に顕著な差があり、過去10年間でこの差はますます拡大しています。

 また、2021年の米国の銃関連死亡率はここ30年で最も高いということです。(怡康、野谷)

ラジオ番組