【CRI時評】良き隣人・中国とモンゴルは新時代に手を携えて現代化建設を推進

2022-11-30 09:52:02  CRI

 中国の習近平国家主席は28日午後、中国を公式訪問中のモンゴルのフレルスフ大統領と会談した。両首脳は現代化建設を手を携えて推進していくことで一致同意し、新時代における両国の運命共同体の共同建設をめぐり重要な共通認識に達した。両国は共同声明を発表し、二国間関係が新たな段階に入り、新たなステップを踏み出すという前向きなシグナルを発した。

 フレルスフ大統領は中国共産党第20回全国代表大会後に中国を訪れた重要な周辺国の元首であり、同氏にとっては昨年の大統領就任後初の訪中でもある。中国とモンゴルは約4700キロの「最長の陸地国境線」を有し、山と水が連なる隣国同士だ。中国で新型コロナウイルス感染症が発生してから、モンゴルは中国の防疫を支援するためにヒツジ3万頭を寄贈し、中国から返礼の茶葉を受け取った。モンゴルで新型コロナが流行すると、中国は余すところなくモンゴルと感染症対策の経験を共有し、防疫物資を寄贈した。この「苦難の時に真心が分かる」は、良き隣人、良き友人、良きパートナーとは何かを生き生きと説明した。

 習主席は、中国はモンゴルと互いの独立・主権・領土保全を尊重し合い、各自が選択した発展の道を尊重し、相手の核心的利益と重大な関心事に関わる問題で支持し合うことを希望すると強調した。フレルスフ大統領は、モンゴルは「一つの中国」政策を断固遂行すると重ねて言明し、モンゴルは中国が提起したグローバル発展イニシアチブとグローバル安全保障イニシアチブを全力で支持すると強調した。この政治的相互信頼は両国の諸分野における実務協力のための堅実な基盤を固めた。

 習主席は、国際環境が不安定性や不確実性を増す中で、中国はモンゴルと両国の運命共同体構築のけん引役として、両国の全面的戦略パートナーシップの安定的かつ長期的な発展を後押しし、両国国民により良い恩恵をもたらしていきたいと指摘した。

 両首脳は、両国が発表した共同声明に基づき、16項目の協力文書に署名し、相互接続とエネルギー分野を協力における優先的方向の一つとすることで合意した。モンゴルのバドラル駐中国大使は、両国の協力強化は双方の共同利益に合致し、モンゴルは中国という急成長する列車に搭乗することを強く望むと表明した。

 モンゴルのことわざに「隣近所は心が通じ合い、運命を共にする」というものがある。青写真はすでに描かれた。良き隣人、良き友人、良きパートナーである中国とモンゴルは、現代化建設の道で手を携えて前進し、新時代に共同発展と共同繁栄を必ず実現するだろう。

 百年の変局が加速し、新型コロナの流行が繰り返し長引き、世界が多くの試練に直面する中、発展は依然としてあらゆる問題を解決する「黄金の鍵」だ。中国共産党第20回全国代表大会は、「中国式現代化は、中国自身の繁栄と発展を実現するだけでなく、周辺ひいては世界の利益にもつながる」という明確なシグナルを発した。(CRI論説員)

ラジオ番組