物流業、安定保つも経営コストはやや上昇

2022-11-29 15:24:32  CRI

 中国物流調達連合会は29日、多くの支援策の下で、中国の物流業総売上げは安定した伸びを保っていると発表しました。中でも、専門の物流サービスの割合が安定して上昇しています。同時に、ミクロ面から見れば経営コストはやや上昇しています。

 第3四半期以来、物流の円滑化に向けた支援策が功を奏しています。10月には物流の停滞圧力が引き続き緩和され、物流関連インフラ建設への投資も加速しています。

 1~10月の物流業総売上高は前年同期比5.8%増の10兆3000億元でした。伸び率が同期の社会物流総額を上回っていることは、物流業の経営が基本的に安定していることが示されています。

 価格の面では、10月の中国の道路物流運賃指数が前月比0.15%の下落、中国からの輸出コンテナ運賃指数は同24.8%下落と、程度の差こそあれ、いずれも下落しました。一方で、経営コストには反発が見られ、1~10月における物流企業の物流売上高100元あたりのコストは93.8元で、1~9月よりも3%増と、依然として高止まりの状況でした。(Yan、鈴木)

ラジオ番組