国連安保理、パレスチナとイスラエルの情勢に関する公開会議を開催

2022-11-29 13:40:04  CRI

 国連安全保障理事会は現地時間28日、パレスチナとイスラエルの情勢をめぐる公開会議を開催しました。中国代表は会議の席上、「パレスチナ人の将来と運命に関わる問題においては、拒否権を持つ者はいない」と表明しました。

 国連のトール・ウェネスランド中東和平プロセス特別調整官は、現在のパレスチナとイスラエル情勢についての説明を行いました。ウェネスランド特別調整官は、ヨルダン川西岸のイスラエル占領部分とイスラエルでは、過去数カ月にわたって深刻な暴力事件が起きていると指摘しました。ウェネスランド特別調整官はさらに、「民間人に対する暴力を止めねばならない。パレスチナとイスラエルは事態の悪循環を避けるために、政治の道において実際の行動を取るべきだ」と改めて述べました。

 中国の張軍国連大使は、「安保理は、寸時を争う緊迫感を持たねばならない。両国間の解決策の推進において、パレスチナの人々を支援するための実質的な措置をとり、不可侵の権利の回復や行使を図る必要がある。パレスチナの人々の将来の運命に影響する問題について、拒否権を持つ者はいない」と表明しました。(ミン・イヒョウ、鈴木)

ラジオ番組