今年1〜10月、中国工業企業の収益構造は引き続き改善

2022-11-27 16:27:30  CRI

 中国国家統計局工業統計司の朱虹高級統計士はこのほど、工業企業の利益データについて説明しました。今年1〜10月の一定規模以上の工業企業(年間収入2000万元以上の工業企業を指す)の収益状況は主に以下のような特徴を示しています。

 第一の主な特徴としては、工業企業の売上高は比較的速い成長を維持している一方で、利益は前年同期比で減少しました。1〜10月、全国の一定規模以上の工業企業の営業収入は前年同期比7.6%増で、引き続き比較的速い成長を維持しました。

 第二に、設備製造業の利益は明らかに回復しました。1〜10月、装備製造業の利益は前年同期比3.2%増で、6カ月連続で回復しており、特に10月の当月利益は25.9%増で、急速な成長を実現しました。

 第三に、電気・熱力・ガス・水道事業の利益の伸びが加速したことです。1〜10月、電気、熱力、ガス及び水の生産と供給事業の利益は前年同期比15.5%増となっており、これは工業企業の利益の伸び率を最も大きく引き上げた産業です。

 そして最後に、外資企業と中小企業の収益が改善しています。安定した外資政策が引き続き後押しの役割を果たすとともに、10月の外資系および香港・マカオ・台湾の投資企業の利益は前年同期比9.4%増加しました。また、1〜10月の中小企業の利益は前年同期比で1.4%伸びました。(李陽・MI)

ラジオ番組