中国 発電量世界最大級の洋上風力発電ユニットがラインオフ

2022-11-24 17:03:36  CRI

 中国が自主開発した発電量16メガワットの洋上風力発電ユニットが23日、福建省の三峡洋上風力発電国際産業パークでラインオフしました。

 同発電ユニットは世界最大級のインペラ直径と単機容量を備え、中・高風速の海域で広く利用でき、世界の洋上風力発電設備開発の新しいベンチマークとなっています。

 この発電ユニットは、ハブの高さ146メートル、インペラの直径252メートルで、受風面積は約5万平方メートルと、標準的なサッカー場約7個分に相当します。

 定格運転状態で、発電量が1基で1回転あたり34.2キロワット時となり、年間平均6600万キロワット時以上のクリーン電力の供給が可能です。これにより、3万6000世帯の1年間の電力消費を満たすことができるということです。(RYU、謙)

ラジオ番組