「フォーチュン500ダイアログ湖北ラウンドテーブル」開催=中国・武漢

2022-11-24 19:45:00  CRI

 フォーチュン500ダイアログ湖北ラウンドテーブル会議が22日、中国湖北省武漢市で開催されました。会議では、湖北省と国際的に有名な企業やフォーチュン500社の交流と協力がさらに強化されたほか、双方が協力して湖北省のリスクと課題の解決に取り組み、新しいチャンスを共有するための親密なパートナーシップも強化されました。

 フォーチュン500社や多国籍企業は、産業発展のリーダーで、技術イノベーションのパイオニア、開放とイノベーションの原動力でもあります。フォーチュン500社のうち、現在、湖北省に進出している企業は324社で、これら企業が湖北省と手を取り合って、互恵・ウィンウィンの協力を切り開いています。

 会議では、国際的な企業家と機関の代表者合わせて9人がそれぞれの分野で見識を披露し、湖北省との協力への意欲を示しました。シグニファイ、シーメンス、エニ(イタリア)、三菱電機などの企業担当者が席上、情報交換を行いました。中でも、「低炭素と健康産業の発展促進」「製造業の知能化のレベルアップ」「産業チェーンのアップグレード促進」などが議題の焦点になりました。

 三菱電機(中国)有限公司の反田哲史副総経理は「われわれは今後も湖北省への投資を拡大し、グリーン・インテリジェント製造業を発展させるとともに、協力を深め、ウィンウィンを実現していく」と述べました。(ミン・イヒョウ、CK)

ラジオ番組