カタールW杯 「中国製」が会場内外を彩る

2022-11-22 17:56:14  CRI

 世界中のサッカーファンが待ち望む2022年FIFAワールドカップ(W杯)が20日夜、カタールでキックオフされました。スタジアムからファン向けの宿泊施設まで、「中国製」が会場内外を彩っています。

 カタールW杯のメイン会場で、決勝の舞台でもある、ルサイル・スタジアムは、カタール最大のスタジアムで、中国鉄建国際集団が請け負って建設しました。数多くの世界一を達成したこのスタジアムは、8万人以上を収容でき、カタールの紙幣デザインにも採用されました。

 ルサイル・スタジアムは、カタールの伝統的な器からインスピレーションを得ており、外観はボウル状で、ルーフ部分は馬の鞍(くら)のような形をしていて、外壁は金色に輝くカーテンウォールとなっています。

 そのほか、中国企業はファン向けの宿泊施設、ドーハ南部の「ファンビレッジ」の建設にも参加しました。ファンビレッジには、コンテナ型で2人用の部屋6000室が設置されています。(Lin、CK)

   

ラジオ番組