「和すれば共に利し、闘えば共に傷つく」のが中米関係発展の鉄則=外交部

2022-11-22 19:22:23  CRI

 

 報道によりますと、サマーズ元米財務長官は、米国は中国を攻撃するのではなく、自国の経済的優位性を確立することに専念すべきだとの見方を示したということです。また、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事、ゴールドバーグ世界銀行元チーフエコノミストもこのほど、米国に対中経済戦を反省するよう呼びかけしました。

 これについて、外交部の趙立堅報道官は22日の定例記者会見で、「国際社会の有識者が中米関係について理性的に声を上げ、『和すれば共に利し、闘えば共に傷つく』ことが中米関係発展の鉄則であることを示している」と述べました。

 また、趙報道官は、「中米経済貿易関係の本質は互恵ウィンウィンである。貿易戦争、科学技術戦争を戦い、人為的に壁を築き塀を設けることは、切り離しを強引に進めることであり、完全に市場経済の原則に違反し、国際貿易のルールを破壊し、人を傷つけるだけで自分を利することにはならない」と強調しました。(雲、HK)

ラジオ番組