各国が改革の成果を共に享受する目標に向け推し進める=中国国連大使

2022-11-18 15:04:22  CRI

 第77期国連総会は現地時間17日、安保理改革に関する全体会議を開催しました。中国の張軍国連大使は「中国は各方面と共に努力し、安保理改革を国連の長期的な発展と加盟国の共通の利益に合致させる道筋において、各国が改革の成果を享受するという目標に向けて推し進めていきたい」と表明しました。

 張大使は、「安保理改革は正しい方向性を堅持せねばならない。現在は安保理の構成が不公平で、代表能力が不足している。構造が不合理であり、力のバランスが不均衡なことが、安全保障理事会の効果的な運営を著しく妨げている」と主張した上で、「安保理改革は公平さと正義を体現すべきだ。アフリカの54カ国は国連加盟国全体の3分の1近くを占めているが、安保理はそれを代表する性格を著しく欠いている。改革は、アフリカの懸念を全面的に解決し、アフリカを代表する性格とアフリカの発言力を確実に強めるべきだ。現在のところ各方面で、安保理改革全体の方向性と基本原則について、根本的な見解の不一致が依然として存在している。踏み込んだ議論を通じて共通認識を拡大し、意見の相違を縮小する必要がある」と述べました。(hj、鈴木)

ラジオ番組