中国のパンダ インドネシア在住5周年

2022-09-28 13:44:56  CRI

 現地時間26日、インドネシアのサファリ動物園で、中国のジャイアントパンダ在住5周年を記念するイベントが開催されました。

 同動物園に生息しているのは2017年に中国からインドネシアに渡った「彩陶(ツァイタオ 雄)」と「湖春(フーチュン 雌)」で、この28日に現地での生活5周年になりました。この動物園で5年過ごしたこともあり、2頭ともすっかりここでの生活環境に馴染んでいる様子です。

 2016年8月1日、中国国家林業局とインドネシア環境林業省は、パンダの保護推進に向けた両国間の協力了解覚書に調印しました。 同日、中国野生動物保護協会とインドネシア・サファリ動物園は、パンダの保護と研究に関する10年間協力技術協定に調印しました。これにより、インドネシアは、中国がパンダ研究で協力を展開する16番目の対象国となりました。(ミン・イヒョウ、CK)

ラジオ番組