工業情報化部 「パワーショベル指数」が経済の原動力を示す

2022-09-27 14:47:00  CRI

 建設機械や設備の稼働状況に基づく「パワーショベル指数」は、「中国経済のバロメーター」とも呼ばれ、中国経済の原動力を示しています。

 工業情報化部が発表したこの指数によりますと、今年8月の全国の建設機械全体の稼働率は63.99%となっています。今年に入ってからの平均稼働率は60%を超え、全国のインフラ建設ブームは安定的に好転を続けていることが示されました。

 地域別に見ますと、今年1月から8月にかけて、東北部と西北部および西南部にある多くの省で、経済安定化のための包括的政策の発表と実行に伴い、建設ブームの高まりが維持されています。そのうち、吉林省では8月の建設機械稼働率が78.01%に達し、今年に入ってからの全国の最高記録となりました。

 また、今年は複数の内陸部の港で対外貿易が活発になっています。8月の港の設備稼働率は四川省の88%が最高となりました。(張、謙)

ラジオ番組