成都高新区、国家級知財強国建設モデルパークに認定

2022-09-23 20:54:49  CRI


 このほど発表された中国各地のサイエンスパークを対象にした「国家級知的財産権強国建設モデルパーク」のリストで、成都高新技術産業開発区(成都高新区)は四川省で唯一の、認定を受けたパークになりました。

 成都高新区は近年来、イノベーション駆動型発展戦略及び知的財産権強国戦略を踏み込んで推進しており、国家自主イノベーションモデル区や国家知的財産権モデル園区などの栄誉ある称号を相次いで授けられています。成都高新区は四川省包括的イノベーション改革試験区及び自由貿易試験区の中核エリアです。

 成都高新区で現在までに取得された有効な発明特許保有件数は2万8755件であり、中国特許賞を47件、四川特許賞を68件も獲得しました。省レベルの高価値特許育成センターは3カ所あり、市レベルは3カ所、区レベルは23カ所があります。いずれの指標も成都市でトップです。

 成都高新区は今後、質の高い知的財産権事業の発展を着実に推進し、2025年までに、知的財産権制度の構築の一層の強化や保護体系の一層の整備、質・効率の一層の向上、サービス機能の一層の強化、国際協力の一層の深化を実現し、国際知的財産権保護の重要拠点の基本的な完成を目指します。(Yan、鈴木)

ラジオ番組