人類は団結して試練に立ち向かうべき=コロシ国連総会議長

2022-09-22 16:25:00  CRI

 第77回国連総会の一般討論がニューヨークの国連本部で20日に開幕しました。 

 新任の国連総会議長であるチャバ・コロシ氏はこのほど、中国中央テレビのインタビューに応じ、「国連は現在、複雑な情勢と並大抵でない試練に直面している」と指摘しました。 

 コロシ議長は「自然資源は日増しに減少している。世界は今後、より多くの試練と衝突に直面することになるが、中でも水不足が世界の主な試練の一つになるだろう」と強調した上で、「国際社会は水資源の管理政策などを調整すべきだ。水不足の問題は地球上の10億を超える人口に影響を及ぼしている。2040年には人類の生活地域の40%が深刻な水不足に陥る可能性がある。これらの地域は人類が必要とする食糧の4割以上を提供しているため、水資源の管理政策を見直す必要がある。人類は、重大な世界的危機に直面する際に、より緊密な『運命共同体』を構築し、一致団結して、共同で試練に立ち向かわなければならない」との見解を示しました。(藍、柳川) 

ラジオ番組