中国本土映画興行週間ランキング(2022.8.29–2022.9.4)

2022-09-10 00:11:02  CRI

 アニメ大作『新神榜:楊戬(ようせん)』が、公開3週目でついに1位に君臨! 興行収入は3億7000万元(約75億円)に到達しました。細田守監督の話題作『竜とそばかすの姫(中国題:雀斑公主)』はトップ10をキープし、興行収入1300万元(約2.6億円)に。

単位:万元

 

~作品紹介~

【1位】新神榜:楊戬(ようせん)
公開日:2022年8月19日
監督:趙霁(ジャオ・ジー)
主演:王凱(ワン・カイ)李蘭陵(リー・ランリン)季冠霖(ジー・グエンリン)李立宏(リー・リーホン)

「新神榜」シリーズ第2弾『新神榜:楊戬』が1位に君臨!このシリーズは中国古典小説『封神演義(ほうしんえんぎ)』の登場人物を中心としたオリジナルストーリーで、シリーズ第1弾は2021年2月26に日本公開も果たした『ナタ転生(新神榜:哪吒重生)』。本作の主人公・楊戬(ようせん)は、「二郎神」や「二郎真君」の異名を持ち、額に縦長の第3の眼を持つことで知られ、封神の戦いにおいて姜子牙の陣営で活躍しました。本作は、楊戬とその甥の沈香と共に、山に封印された沈香の母親(楊戬の妹)を救出するために奔走する物語を描いており、もう1つの古代神話伝説である『宝蓮灯(ほうれんとう)』の要素も取り入れられています。

【2位】独行月球(Moon Man)
公開日:2022年7月29日
監督:張吃魚(ジャン・チーユイ)
主演:瀋騰(シェン・タン)馬麗(マー・リー)常遠(チャン・ユエン)李誠儒(リー・チェンルー)黄才倫(ホァン・ツァイルン)辣目洋子(ラームー・ヤンズー)黄子韜(ホァン・ズータオ)

 喜劇団体「開心麻花(カイシンマーファー)」の瀋騰(シェン・タン)&馬麗(マー・リー)がW主演するSFコメディ『独行月球(Moon Man)』がロングヒット中。本作は、地球を小惑星の衝突から守るための「月盾プロジェクト」が月で実施される中、ひょんなことから月からの撤退に間に合わず一人取り残された作業員の男、独孤月が「月上生活」を始める様子を描いています。


【4位】明日戦記(Warriors of Future)
公開日:2022年8月12日
監督:呉炫輝(ユエンファイ・ン)
主演:古天樂(ルイス・クー)劉青雲(ラウ・チンワン)劉嘉玲(カリーナ・ラウ)姜皓文(フィリップ・キョン)謝君豪(ツェー・クワンホウ)張家輝(ニック・チョン)

 古天樂(ルイス・クー)や劉青雲(ラウ・チンワン)、劉嘉玲(カリーナ・ラウ)ら中国香港を代表する役者が出演するSFアクション『明日戦記(Warriors of Future)』が公開中。本作は、人類の生存環境が悪化しつづける近未来の世界を舞台に、古天樂演じる泰来と劉青雲演じる鄭重生が機甲戦隊を率いて、隕石の落下後に地球に君臨するようになった異星生物と熾烈な戦いを展開する物語を描いたものです。

【5位】ミニオンズ フィーバー(中国題:小黄人大眼萌:神偸奶爸前伝)
公開日:2022年8月19日
監督:カイル・バルダ
主演:ピエール・コフィン スティーヴ・カレル タラジ・P・ヘンソン ミシェール・ヨー 

 2015年に公開された『ミニオンズ』 の待望の続編『ミニオンズ フィーバー(中国題:小黄人大眼萌:神偸奶爸前伝)』がトップ5をキープ!2010年に始まった「怪盗グルー」シリーズの5作目にあたる本作は、1970年代を舞台に、ケビン、スチュアート、ボブらミニオンたちが、何者かに連れ去られた少年グルーを救出するため、カンフーをマスターして騒動を巻き起こす様子を描いています。日本では7月15日から公開中です。

【6位】断·橋(The Fallen Bridge)
公開日:2022年8月13日
監督:李玉(リー・ユー)
主演:馬思純(マー・スーチュン)王俊凱(ワン・ジュンカイ)范偉(ファン・ウェイ)曾美慧孜(ツアン・メイホイツ)

 女性監督・李玉(リー・ユー)の最新作『断·橋(The Fallen Bridge)』が一般公開中。架空の町・黄雀市を舞台に、橋の崩落事故で発覚した死体遺棄事件を軸に、死者の娘が謎の男の子と共に真相究明の旅に出かける物語です。

【7位】我的非凡父母(Sunshine of My Life)
公開日:2022年9月2日
監督:朱鳳嫻(ジュディ・チュウ)
主演:恵英紅(カラ・ワイ)呉岱融(ン・トイヨン)呉千語(カリーナ・ン)楊天宇(アンガス・ヨン)

 中国香港出身の女性監督・朱鳳嫻(ジュディ・チュウ)による話題作『我的非凡父母(Sunshine of My Life)』が7位に初登場!本作は監督自身の実話に基づいた自伝的映画で、目が不自由な夫婦が、目に障害をもたない娘が普通の生活を送れるようにと、工夫と苦労を重ねて子育てに励む日々を綴った感動的な作品になっています。主演は第1回、第16回、第36回の香港アカデミー賞こと香港電影金像奨で3回にわたり主演女優賞に輝いた、中華圏公認の演技派・恵英紅(カラ・ワイ)と、シンガポール生まれで香港を拠点に活動しているベテラン俳優の呉岱融(ン・トイヨン)が夫婦役を演じ、娘役は香港出身の若手女優・呉千語(カリーナ・ン)が好演しています。本作は、この8月に開催された北京国際映画祭「香港映画ニューカマー」部門に出品され、涙を誘う感動作として大好評を博したため、全国での上映に注目が集まりました。日本公開は未定です。

【8位】竜とそばかすの姫(中国題:雀斑公主)
公開日:2022年8月26日
監督:細田守
主演:中村佳穂 成田凌 染谷将太 玉城ティナ 幾田りら 役所広司 石黒賢 佐藤健

 2021年7月16日に日本で公開された細田守監督の話題作『竜とそばかすの姫(中国題:雀斑公主)』が中国本土でトップ10をキープ!第45回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した本作は、“もうひとつの現実”と呼ばれる巨大インターネット空間の仮想世界〈U〉に出会った17歳の女子高生が未知の存在との遭遇を通して成長していく物語を描いています。

【9位】ハチとパルマの物語(中国題:忠犬帕爾瑪)
公開日:2022年8月26日
監督:アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア
主演:レオニド・バーソフ ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ 渡辺裕之 藤田朋子 アナスタシア・シガ

 旧ソ連時代の実話に基づいて制作された日露合作のドラマ映画『ハチとパルマの物語(中国題:忠犬帕爾瑪)』が1年越しに中国本土での一般公開スタート。第43回モスクワ国際映画祭正式出品作品である本作は、空港で飼い主を2年もの間待ち続けた忠犬パルマの物語を描いており、昨年3月にロシアで公開されたときには週間の興行成績1位を獲得した話題作です。

【10位】世界上最愛我的人(Beating Heart)
公開日:2022年8月26日
監督:黄岳泰(アーサー・ウォン)
主演:王千源(ワン・チェンユエン)譚卓(タン・ジョオ)艾米(アイミー)

 映画撮影として活躍してきた黄岳泰(アーサー・ウォン)がメガホンをとる最新作『世界上最愛我的人(Beating Heart)』がトップ10をキープ。難病を患った2人の女の子をもつ2つの家庭の闘病生活を描くもので、主演は人気俳優の王千源(ワン・チェンユエン)と譚卓(タン・ジョオ)。(ミン・イヒョウ、謙)

ラジオ番組