中国の西北工業大学にサイバー攻撃、発信源は米NSA

2022-09-05 16:09:26  CRI

 中国の国家コンピューターウイルス緊急処理センターとネットセキュリティー大手の奇虎360(Qihoo 360)は5日、中国・西安市にある西北工業大学に対するサイバー攻撃の発信源は米国家安全保障庁(NSA)だとする報告書を公開しました。 

 報告書によりますと、西北工業大学に対するサイバー攻撃は、NSA傘下のサイバー攻撃を行う秘密組織である「Tailored Access Operations(TAO)」が実施したものです。 

 TAOは、中国国内を標的にした攻撃をここ数年間で1万回以上実施し、価値の高いデータ140ギガバイト(GB)以上を窃取しています。(ジョウ、柳川)

ラジオ番組